観光タクシーの種類と選択ポイント

観光タクシーのなかで、一番小さいタイプが小型タクシーで、乗車定員は4名です。車種は、マークⅡ、ローレル、コンフォート、クルー等になります。大人が3人、後部座席に座るとなると、少し窮屈に感じるかもしれません。短時間の利用であれば、たいして気にすることもないですが、長時間の利用となると、快適とは言い難いでしょう。しかし、料金は中型タクシーよりも安くなります。料金を重視される方、短時間の利用、2~3名での利用におすすめです。

中型タクシーは、小型タクシーに比べると、車内が広くゆったりとしています。そのぶん料金は小型タクシーよりも高くなります。乗車定員は、ベンチシートの場合が5名、セパレートタイプの場合が4名ですが、4名で利用するのが主流です。車種は、クラウンコンフォート、セドリック、クルー等になります。長時間の観光に利用するのであれば、料金は小型タクシーよりも割高にはなりますが、少しでもゆったりと車内での時間を過ごせる中型タクシーのほうがおすすめです。ジャンボタクシーは、ワゴンタイプのタクシーで、乗車定員は9名です。家族旅行や小規模なグループ旅行に活躍します。仲間たちとわいわい、賑やかな雰囲気を楽しめます。

乗車定員以内であれば、何名で利用しようと同じ金額なので、例えば、6人で利用するよりは9人で利用するほうが、1人あたりの金額は安くなります。ジャンボタクシーは、小型・中型タクシーよりも台数が少なく限られるため、旅行の日程が決まり次第、早めに予約しておくと安心でしょう。

観光タクシーを選ぶポイントは、利用する人数により2パターンに分けられます。4人以下の場合と5人以上の場合です。4人以下の場合、小型タクシーか中型タクシーのどちらかを選択します。より安い料金を求める方は小型タクシー、快適さを求める方は中型タクシーです。5人以上9人以下の場合は、小型または中型タクシー2台かジャンボタクシー1台を選択します。観光ルートが同じで、グループ全員が一緒に行動するのであればジャンボタクシー、二手に分かれて別ルートを観光するのであれば小型または中型タクシー2台にすると効率的です。料金で決めるのであれば、人数で割って1人あたりの金額が安いほうを選択するとよいでしょう。

観光タクシーを使うと、行きたい場所だけを効率よくまわることができ、時間を有効に使うことができます。ツアー旅行にありがちな、興味のない場所だが旅程に組み込まれており仕方なく行った、といった無駄な経験はしなくて済みます。また、観光タクシーは、通常のタクシーとは異なり、「時間制運賃」です。走行距離に関係なく、利用する時間で料金が決まります。そのため事前に料金が分かっているので安心です。利用人数と目的に合わせて、最適な観光タクシーを選び、旅行を満喫しましょう。地元情報や観光知識を教えてくれる運転手さんとの触れ合いも、旅の思い出のひとつとなるはずです。キレイモキャンペーン